« 金豚年 | トップページ | 黄暁明(ホァン・シャオミン)歌手デビュー/暗恋(àn liàn) »

映画「博士の愛した数式」レビュー

 記憶が80分しかもたないという数学博士と家政婦親子の交流を描いた映画で、この親子がとてもイイ人達(特に子供が)で、童話のような世界でした。その点で映画後半がやや展開に欠ける部分はありますが、数字に関する知識が散りばめられ、数字がまるで人格をもつかのような面白さに触れられますし、数学をこよなく愛するこんな博士に教われたら、学問が点数ではなく、もっと身近で興味がつきないものなんだと思えそうです。
 数学自体はよく分からないですが、「美しい証明」というのはおぼろげに分かる気がします。美しさというのは、ある意味俗世を離れた神の領域に属するもので、数学が真理に近づく事ならば、それは神の摂理にも添ったもので、とても美しいものなのだと思います。
 出演者が寺尾聰、深津絵里、吉岡秀隆といった役者揃いなのも良かったです。

|

« 金豚年 | トップページ | 黄暁明(ホァン・シャオミン)歌手デビュー/暗恋(àn liàn) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 金豚年 | トップページ | 黄暁明(ホァン・シャオミン)歌手デビュー/暗恋(àn liàn) »