« 中国語・NHKテレビ講座 | トップページ | 映画「チャーリーズエンジェル」 »

西本智実さんのDVDレビュー

 初めて買ったのが「ボレロ/火の鳥/展覧会の絵」でした。
これは大当たりですね! 「ボレロ」は正直、押尾コータローさんのボレロが一番と思っているんですけど、「火の鳥」は華やかなオーケストレーションが素敵ですし、「展覧会の絵」は親しみやすくて、発売されているDVDの中で何故か一番高い値段ですが、長さも丁度良く西本さんもカッコ良くてお勧めです。

 セールになっていた事もあり買った「西本智実ニューイヤーコンサート2004」。
こちらはインタビュー等が付いているのは良かったのですが、どうせならお一人で映っていてほしかったかな。何だか妙に現実に還ってしまって。。。 個人的には、何曲か演奏されるよりも、3曲位の構成になっている方が、入り込めていいかな。とはいえ、旅したモスクワやサンクトペテルブルクの風景を観る事が出来たのは、“同じ地に行ったんだ~”と懐かしく思い出せて良かったです。

|

« 中国語・NHKテレビ講座 | トップページ | 映画「チャーリーズエンジェル」 »

西本智実/クラシック」カテゴリの記事

コメント

5年ぐらい前の冬、モスクワに行きました。その時、チャイコフスキーのコンチェルトも聞いたんですけど、雰囲気有ってよかったです。だけど、ロシアってヨーロッパの中国みたいな印象を受けました(笑)。

投稿: ahtoh | 2007年5月20日 (日) 22時15分

ahtohさんもモスクワへ行かれたのですね!そしてチャイコフスキーも楽しまれたのですね。ホールからして荘厳で雰囲気あるでしょうね~。私はモスクワではサーカスを観ました。観客席のすぐ目の前まで、トラがゾロゾロと登場したのにビックリ☆ ロシアはやはりヨーロッパから離れた北の国ならではの印象を受けましたが、中国のようでもあるのですね!中国は行った事がないので、是非、その雰囲気を味わってみたいです。

投稿: 沙緑潤 | 2007年5月20日 (日) 22時15分

言い忘れてしまいましたが、 ahtohって、ロシア語なんです。アントンと発音します。中国語に訳すると、慣用的に安東になるらしく、時々、中国同学がコメントに安東と書くのですが、日本語の苗字に誤解されるかもしれないから、やめてくれと言っているんです(笑)。機会がありましたら、中国にも来てくださいネ!超~面白い国ですよ。

投稿: ahtoh | 2007年5月20日 (日) 22時16分

ahtohさんがロシア語も学ばれているのはブログを拝見して知りましたが、由来がロシア語だったのですか!お蔭で正確に読む事ができました♪ コメントで安東と書かれている場合は、ahtohさんの事を仰っているのですね。確かに発音は一緒ですものね。中国訪問への思いは募っており、初中国はどこにすべきか目下悩み中です。(笑)

投稿: 沙緑潤 | 2007年5月20日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 中国語・NHKテレビ講座 | トップページ | 映画「チャーリーズエンジェル」 »