« TV「元気出してゆこう」押尾コータロー | トップページ | 外国語学習 »

映画「紅の豚」レビュー

宮崎駿作品マイベスト3は「風の谷のナウシカ」「となりのトトロ」「天空の城ラピュタ」で、この映画は4位だったのですが、今回改めて見たらポルコはカッコイィし、マダム・ジーナは素敵だし、フィオは可愛いし、悪役もキュートだしで、マイベスト3にランクインです。ラピュタ、ゴメンよ(笑) 

今回やたら魅力的だったのがマダム・ジーナ。すごく包容力があって大人の女性で癒されました。。。エンディングの歌にもじんわり~。ジーナに癒されるワタシって空賊マンマユート団と同じじゃん…と思わないでもないですが。(--;) ラストシーンで、ウロ覚えの記憶では遠景の庭園にポルコとジーナらしき小さい姿が映るショットと思っていたのですが、今回見ると、庭園だけで姿はナシでした。勝手に記憶を作っていたようです。

舞台はアドリア海で、光る海!まぶしい太陽!とても綺麗な風景で、こんな空を飛べたらイイですね。クロアチアのドュブロヴニクは「魔女の宅急便」のモデルにもなったようですが、「紅の豚」もそうだったのですね。以前、「世界不思議発見」でクロアチアの紹介をしていて、そのアドリア海の美しさに目をみはったものです。他にもポルコの住んでいた島は、オーストラリアのロック・アード・ゴージという所にとても似ているそう。いつか行ってみたいな♪

|

« TV「元気出してゆこう」押尾コータロー | トップページ | 外国語学習 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« TV「元気出してゆこう」押尾コータロー | トップページ | 外国語学習 »