« 中華芸能人の名前 | トップページ | 第10回上海国際映画祭/受賞作品 »

映画「舞妓Haaaan!!!」レビュー

 好きな俳優でもある堤真一さんと阿部サダヲさん出演の映画という事もあり、映画館でチラシを見た時から観に行こうと決めていましたが、先日予告編を見て「ただのおバカな映画だったらどうしよう」と案じておりました。…がその心配は要らなかったようでとっても面白かったです~♪
 題名通り、舞妓さんの世界を舞台にしていますが、話は阿部さん演じる鬼塚公彦と、堤さんの内藤貫一郎がフィールドを次々と変えながら対決していくというもので、ふたりの掛け合いの間が絶妙でテンポ良く、舞台を見ているかのような映画でした。
 キャスティングが抜群で、堤さんはやっぱりアップにたえられるカッコ良さだゎ~♪ 駒子や母親(吉行和子)とのエピソードで見せる表情がなんとも良いです。関西弁も滑らか。劇中映画の看板で「山猿 山で一番熱い奴!! ついに山火事ー水でしか、消せない」というアオリの文句がツボにハマっちゃいました。
 阿部さんはNHK「トップランナー」のインタビューを見た時から注目しており、この人が言う台詞はすごく憎めず、動きもいちいち面白いしキュートです~。野球選手から映画俳優へ転身した内藤@堤に、鬼塚@阿部が「何でもかんでもスポーツ新聞で済ませやがって!お前はスポーツ新聞の住人か、スポーツ新聞内でお引越しか!」とツッコムのにも笑っちゃいました。
 駒子役の小出早織が「舞妓顔」にピッタリで可愛らしかったです。柴咲コウは白いワンピース姿の方がやはり綺麗でした。(^^) 真矢みきさんの女将役も堂に入っていて、ミュージカルな場面で小階段を降りる姿はやはり似合っていますね。 植木等さんが加賀屋の旦那さん役で出演しておられており、最後の出演作品となり感慨深いものがあります。
 監督は水田信生、脚本は宮藤官九郎。宮藤さんは、「木更津キャッツアイ」の作家さんだったのですね。阿部さんと宮藤さんは「大人計画」つながりのようです。一度「大人計画」の舞台を観てみたいな。
 ラスト、なかなか見れない二人の姿を見る事ができるのもポイント。(笑) ほっこりと元気になれる映画です~。(^^)

|

« 中華芸能人の名前 | トップページ | 第10回上海国際映画祭/受賞作品 »

堤真一」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/406823/6865315

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「舞妓Haaaan!!!」レビュー:

« 中華芸能人の名前 | トップページ | 第10回上海国際映画祭/受賞作品 »