« NHKプロフェッショナル仕事の流儀/装丁家・鈴木成一 | トップページ | NHKTV中国語会話/映画「女帝」 »

指揮者西本智実さんの魅力

 西本さんを初めて知ったのは、2003年めざましテレビの広人苑。黒燕尾に身を包み鋭い眼光を飛ばし指揮をする映像と共に、あっけらかんと豪快に関西弁で語るその姿がとても印象的でした。もう一度あの映像見てみたいなぁ。コンサートで見せるそのカッコ良さと、関西弁でほわ~んと飾らない喋りをしてくれるのは、加古川の名曲コンサートでも同じでした。

黒燕尾が似合う事もあり、よく西本さんは「麗人」「宝塚」的と評されるようですが、ワタシの中で西本さんは、どちらかというと大好きな宇宙飛行士の向井千秋さん寄りな所にいて(向井さんは私の憧れの女性です♪ 仕事場は宇宙なんて言ってのけるスケールの大きさが素敵)、自分の夢に向かって、男性社会に性差を飛び越え入っていったタフな女性…という部分に魅力を感じます!!宝塚は、女性が男性を演じる事で、女性にとって理想の男性像を作り上げる美学だと思うので、もっと夢々しいんですよね。…などと言いつつ、西本さんの燕尾の裾を見ては「レースにしてほしぃなぁ…(宝塚スターがよく着ている衣装)」と思ってしまうのですが。(笑)

|

« NHKプロフェッショナル仕事の流儀/装丁家・鈴木成一 | トップページ | NHKTV中国語会話/映画「女帝」 »

西本智実/クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHKプロフェッショナル仕事の流儀/装丁家・鈴木成一 | トップページ | NHKTV中国語会話/映画「女帝」 »