« NHKTV中国語会話/映画「女帝」 | トップページ | 映画「女帝[エンペラー]」黄暁明の場面とパンフレット »

映画「女帝[エンペラー]」レビュー

Photo  「女帝」を見てきました~。なんせ大スクリーンで黄暁明(ホアン・シャオミン)を見れる機会!ウキウキしながら映画館へ向かいました。
 この映画は登場人物の関係がややこしいので初めて観た人には分かりにくいようですが、私はこの映画「夜宴」を英語字幕で観ていたので、日本語字幕で観ると「何て話が分かりやすいのかしら~♪」と思っちゃいました。その分「こんなに丁寧に描いていたっけ?」という場面も多く、そのせいか映画を長く感じた部分もあります。特に冒頭の皇太子を襲撃する場 面や大臣の処刑場面は「もういいって」という気も。。。
 Photo_1しかし暁明ファンには心ときめく映画です♪♪贔屓のスターがいるとじっくり観る事ができ、登場人物が様々に絡み興味深い映画です。派手な展開はなく、映像美とじわじわとした心理描写が続く映画なので、ヒットはしにくいタイプの映画ですね。(おまけに中国モノを見慣れない人には、登場人物の顔の区別もつきにくいとか。。。) 赤や黒の宮殿、緑の笹、白い雪の風景。音楽も映像とあいまって、詩のような映画です。馬が疾走する場面が迫力あるぅ♪
 「ハムレット」を題材にしていますが、この映画では、
ハムレットな皇太子ウールアン(ダニエル・ウー)は、父の仇をうとうと心に決めつつも、幼なじみの王妃ワンを助けちゃう。
Photo_2ガートルードな王妃ワン((チャン・ツィイー)は、権力だけでなく皇太子も手に入れようとする。
クローディアスな新帝リー(グォ・ヨウ)は、兄王を倒して王になった割には、女には弱い。
オフィーリアなチンニー(ジョウ・シュン)は、気が狂うどころか健気に皇太子の力になろうと奮闘する。
レアティーズなイン・シュン将軍(ホァン・シャオミン)は、権力者側に付こうとしつつも、妹に傾倒してるし。。。
Photo_3皇帝万歳で体制側はやりたい放題だわ、反体制側になったら残酷に処刑されるわ(PG-12はこの場面のせいか入浴場面か?)、そこかしこで中国的な所が見え隠れして、「ハムレット」を中国風にすると、こうなる…という映画でしょうか。

 しかし一番よく分からないのが、新帝リー。どうしてあのような結末になるのでしょう??どうやらあの場面は脚本にはなく監督が追加したようですが、権力よりも愛に殉じるというか、一人死を選ぶ男性Photo_4なんているのか!? 少なくとも日本人の発想にはないので、中国人男性はロマンチス トなの?? 誰が女帝ワンに剣を向けたかというよりも、気になったエピソードでした。
 章子怡は、どうも男性と絡むとカワイイ感じになって、女帝っぽくないです。チンニーに対して「何様だと思ってるの」という場面が一番凄味があったので、女性同士の方が迫力あります。剣舞の場面では安心して見れるのはさすがか。
 呉彦祖も、優男で気高い皇太子を演じていて、ハムレットな雰囲気が出ていました。
 周迅が抑えながらも皇太子へのひたむきな思いを演じていて、達者な人だな~と注目してました。初めて周迅を見たのは「射雕英雄伝」の黄蓉で、表情豊かでおきゃんなイメージでしたが、こういう健気な役もできちゃうんですね。
 暁明の話をすると長くなるので、こちらはまたあとで。(笑)
 それぞれの人物なりの「愛(欲望とも言うが)」が描かれていて、どの登場人物の立場に感情移入するか、観る人の視点に余韻を残していたのが「夜宴」というタイトルだったので、「女帝」というタイトルは、日本でのチャン・ツィィー人気に走った感が強いかな。

|

« NHKTV中国語会話/映画「女帝」 | トップページ | 映画「女帝[エンペラー]」黄暁明の場面とパンフレット »

黄暁明」カテゴリの記事

コメント

日本でもいよいよ公開されたんですね。
NHKの中国語会話で勉強した事がないので、
みた事がないのですが、
映画の公開に合わせて、
映画とタイアップして、
チャン・ツィイーのインタビューしたり、
なかなかお洒落な番組なんですね。
明日あたり、
中国留学 天津生活でも、
「女帝[エンペラー]」を記事にしようかと思っています。
お時間ありましたら、
のぞいてくださいね。

投稿: ahtoh | 2007年6月 8日 (金) 21時52分

TV中国語会話は、
「墨攻」の時はファン・ビンビンさんのインタビューがありましたし、
いつだったかジョウ・シュンさんのインタビューもありました。
こういうタイムリーな話題は嬉しいですね。
はいっ、「女帝」は日本でも公開されています。
でも、観客席は空いてるかな~。
パイレーツオブカリビアン・ワールドエンドが人気があるようですね。

早速サイトにうかがいコメントしようとしたのですが、
禁止ワードにひっかかり投稿できずにいます~。(泣)
何か傾向と対策はありますでしょうか。。。

投稿: 沙緑潤 | 2007年6月 9日 (土) 15時08分

禁止ワードにひっかかりましたか。
失礼しました。
時々、日本の方ではないと思うのですが、
ひどいコメントがあるので、
キーワードを多く登録して有るのですが、
さっき大分消しましたから、
今度は大丈夫だと思います。

スケートにも興味があるんですね。
実は高校時代アイスホッケーしていたんですよ。
だからスケート一般は今でも好きなんです。

投稿: ahtoh | 2007年6月 9日 (土) 18時47分

何の言葉が大当たりしているのか分からず
あれこれ試してはみたのですが…。
実はまたひっかかってしまい、
一文削ったところ、無事通る事ができたので、
この中に含まれていたようです~。
わざわざキーワードを減らしていただき
お手数をおかけしてすいません。

スケートも好きです。
何が出来る訳でもないですが、小学生の頃は
野外のスケーリンクをくるくると滑るのが好きでした。
アイスホッケーをされていたとはカッコイィですね!
一時、知人に誘われて試合も見に行っていました~。
スピードがあって迫力ありますね☆

投稿: 沙緑潤 | 2007年6月 9日 (土) 19時34分

なんとなく分かりました。
きっと沙緑潤さんもお分かりなったと思います。
中国人が使う日本を差別する時に使う大好きな言葉があるんですよ。これははずせないです。その一部分でもきっと禁止用語にひっかるんだと思います。
お手数がかかり、申し訳ないです。

投稿: ahtoh | 2007年6月10日 (日) 02時40分

そんな言葉があるのですか!
そう伺うと、うかつに使えないですね。。。
何の気なしに使っていたので、
言葉の意味合いも、場所によって違うのだな~と実感しました。
言葉の使い方って難しいですね。(^^;)

投稿: 沙緑潤 | 2007年6月10日 (日) 19時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHKTV中国語会話/映画「女帝」 | トップページ | 映画「女帝[エンペラー]」黄暁明の場面とパンフレット »