« 小栗旬まつり | トップページ | 「クローズZERO」劇場前売り券発売開始 »

映画「ウォーターズ/WATERS」

Cap01  小栗旬主演映画という事で早速見る事に。西村了監督で2006年3月に公開された映画です。
題名からして「ウォーターボーイズ」のようなお話かと思いきや、ホストのお話で「お水」のウォーターでしたか・・・。とはいえ、いわゆるホストものという訳でもなく、白雪姫と7人の小人をモチーフに織り込んでの爽やかなお話でした。
 小栗旬は、路上パフォーマーの役で、ジャグリングも披露。この頃の髪型は、2006年10月公開「名探偵コナン」の工藤新一の時と同じような?ちょっとかつての唐沢寿明を思い出す雰囲気で、あの髪型はバトルにも似ているんだっと思いました。
 ホストならではのシャンパンタワーの踊りは笑えますし、カクテルを作る場面もカッコイィです、さぞ練習したんだろうなぁ。(^^) ホストお色気ムンムンというより部活のキャプテンのような清々しい小栗旬が楽しめます。
  「女性の中に埋もれた美しいダイヤのような心を掘り出す男達、そういうホストがいたっていいじゃないですか」「舞台と相手役と良いシナリオがあれば、お客さんは女優になれる」という台詞が印象的でした。札束をばら撒く場面で「あなたのお金は泣いています。あなたは悲しみを埋める為にお金を使っているように見える。私にはそのお金があなたの涙に見える」とホストが言う場面があり、…という事は札束をばら撒くおじさんを見たら、おじさんも泣いていると捉えたらいいのでしょうか・・・?アレ?(^^;) あと出演している女優さんが皆、綺麗&可愛いかったです。
 ちなみにホストクラブ名の「Dog Days」、辞書では“不振の(停滞した)時期”という意味らしぃ。

|

« 小栗旬まつり | トップページ | 「クローズZERO」劇場前売り券発売開始 »

小栗旬/観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/406823/7649981

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ウォーターズ/WATERS」:

« 小栗旬まつり | トップページ | 「クローズZERO」劇場前売り券発売開始 »