« 中秋の名月/月の地図 | トップページ | 舞台「ヴェニスの商人」/天王洲銀河劇場観劇レポ »

西本智実/日本フィルSONIC CITYさいたまシリーズ2007第43回さいたま定期演奏会/大宮ソニックシティホール(埼玉)鑑賞レポ

 「悲愴」聞きたさに。春頃張りきって取った大宮公演。チケットを取ってから、横浜公演のお知らせがあったような?そのためかチケットは取りにくかったので、関東圏はチケット争奪が激しいという印象が強いです~。

【演目】
モーツァルト:歌劇「後宮からの逃走」より序曲
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調
チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調「悲愴」

 さて、この日の東京は夏日が続いておりとにかく暑い!前日の興奮(これは別件ですが)と当日朝からとにかく忙しかった事もあり、大宮に向かう時は、体力気力がかなりへばっておりました。おまけにシンフォニーホールの時の感覚で会場へ向かったら、会場は30分前からという事でまた出直し。微妙な違いだけれど、開場は1時間前からの方がゆったりしていてイイなぁ。ここはひとつ、西本さんの指揮と演奏で疲れを立て直そうと思いながら座席に着きました。
 大宮ソニックシティホールは、思ったより広いホール(2500名収容)で、近代的な作りではありましたが、市民ホールな様子。客層は、日フィルをよく聞きにくる人or地元市民が集っているような印象でした。
 私はまたも端の方の席だったので、聴覚より視覚だと、今回はオペラグラスを駆使しながらの鑑賞。シンフォニーの時も持っていっていましたが、あの時は周りもあまり使っていなかったし、なにしろ向かい(パイプオルガン側)にも人がいるので遠慮してましたが、今回は、結構オペラグラスで見ている人も周りにいたし、向こう側から見られる(?)心配もなかったので多用してました。西本さんの表情を見れるのも魅力ですが、今回は西本さんの指先に注目!指先を見ながら音を聞いていると、見えない指先から何かが放たれているのが感じられるようで、実に面白いんですよ~。

 モーツァルトの歌劇「後宮からの逃走」序曲は実に軽やかで、西本さんのモーツァルトをもっと聞いてみたいな~。

 チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は、漆原朝子さんが赤いドレスで登場。どうでもイイ話ですが、漆原さんは青いドレスの方が似合うんじゃないかなぁなどとも思ったり。漆原さんの演奏は、几帳面な感じがするような音色かな。第2楽章だったか、しっとりとした曲調が良かったです。音響も影響したのか、オーケストラのみの演奏になると息をひそめていたものが、ぱぁっとはじけるように伸び伸びとしていたのが印象的でした。クラスの副委員長と生徒たち、みたいな。(笑)

 そしていよいよチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」!!CDで聞いていた時は聞こえにくかった第1楽章の始め。実際にオーケストラで聞くと…あれ?ハッキリ聞こえるじゃないですか。ffの場面では大音量に鳴り響くのを聞いて、要するに私がCDで聞いていた音量が小さすぎたのだと判明。
 第2楽章のワルツも、西本さんは楽しげに指揮されているように見えました。
そして第3楽章の後半の西本さんの迫力ある指揮にはただただ圧倒され引き込まれるものがありました。第3楽章終了時は、元々拍手が起こりやすい構成というのも知ってはいましたが、あの指揮を見ていたら、拍手をしたい衝動にかられるのも分かる位の本当にスゴィ迫力があったのです(もちろん拍手はしてません)。もっとも、すぐに第4楽章が始まるので、ちょっと拍手は妨げになるかな?という間合いではありましたけれど。
 そして、そのテンションのまま第4楽章となり、第一・第二ヴァイオリンの掛け合いも聞き、ドラも鳴り響き、静かに音がひいていき、西本さんも両手を差し出したまま…しばしとどめん…の中、拍手とブラボーの声がかかってました。私は何が好きかって、押尾さんのコンサートでも、この演奏し終わって残音が残るこの瞬間が、生ならではの余韻があって大好きです。だけど世の中には、その演奏の感動をとにかく早く伝えたい!という人もいるんだろうなぁ。あの刹那が生の醍醐味のように思えるのだけれど。
 …とつらつら思っていたら、指揮者田久保祐一公式サイトのエッセイ集2000年7月で、“師匠が悲愴を指揮した時、第3楽章が終わった後に拍手が起こり、花束嬢まで出てきて花束を受け取った後に第4楽章を演奏して、主催者から「長いアンコールでしたね」と言われた”という豪快な話を見かけました。(笑) 恐るべし、悲愴・・・。
 西本さんは精魂尽き果てた様子で、カーテンコールに答える時も手すりに手を添えておられました。最後のカーテンコール時、楽団員を立たせようとした時に楽団員の人達が足踏みをされたので、自ら拍手に答えた後、皆で拍手に答えておられました。アンコールがなかったのは残念ですが、それだけ熱演だったという事なのか、はたまたお疲れだったのか・・・自分が疲れきっての鑑賞だったので判断はつかないですが、前者であってほしぃかな。
 西本さんの「悲愴」は、魂を揺さぶるものがありますね。

|

« 中秋の名月/月の地図 | トップページ | 舞台「ヴェニスの商人」/天王洲銀河劇場観劇レポ »

西本智実/クラシック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/406823/8195860

この記事へのトラックバック一覧です: 西本智実/日本フィルSONIC CITYさいたまシリーズ2007第43回さいたま定期演奏会/大宮ソニックシティホール(埼玉)鑑賞レポ:

» 指揮:西本智実さん/日フィル 第230回 横浜定期演奏会 [がちゃ子通信]
まだコンサートの余韻から立ち上がれない私です みなさま、こんにちは!  ついについに!聴いて来ました! 念願だった西本氏が振る 「悲愴」 を・・・ なんと!!P席で(ミーハーですわね♪ 西本氏の演奏会チケは、... [続きを読む]

受信: 2007年10月 4日 (木) 01時37分

» 西本 智実の最新情報 [情報の蔵]
情報の蔵からとっておきの情報をご提供します! 西本智実の「悲愴」(吹奏楽以外の音楽の事79)9月29日の土曜日、私は、横浜みなとみらいホールで日本フィルハーモニー交響楽団の第230回横浜定期演奏会を聴いてきました。 ... [続きを読む]

受信: 2007年10月18日 (木) 16時48分

« 中秋の名月/月の地図 | トップページ | 舞台「ヴェニスの商人」/天王洲銀河劇場観劇レポ »