« ジェフリー・バトル/2007スケートカナダSP(ショートプログラムスコア) | トップページ | CD「アンブレイカブルUNBRAKABLE/バックストリートボーイズ」初回版特典 »

映画「クローズZERO/クローズゼロ」レビュー

 映画館の客層も、映画の登場人物に比較的近い雰囲気なのがある意味新鮮。
 冒頭の場面がネタばれのようになっており、ストーリーが進んでいく中でもその事が脳裏をかすめるのですが、最後、そこからまた更に展開があり、ある意味どんでん返し。そういや「ジャンゴ」もそんな構成になっていたっけ。
 話ももっと喧嘩にあけくれて…というものだと思っていたのですが、小栗旬演じる主人公滝谷源治と、中途半端な思いを抱えているチンピラヤクザ片桐拳(やべきょうすけ)との交流やそこで知り合っていく仲間達。そしてそこに敵対するグループのボス芹沢多摩雄(山田孝之)とその相方辰川時生(桐谷健太)の友情なども描かれ、この構図は「ジャンゴ」の源氏と平家にも通じているような。。。そうなると、山田孝之の方が平家っぽいから、小栗旬率いるGPSは源氏か…そういえば名前も「ゲンジ」だし。(笑) …となると、リンダマンはガンマンな伊藤英明?
 「ジャンゴ」の後に「クローズZERO」が公開されたという事はいつの時代も人は変わらず頂上を取ろうとして、くっついたり争ったりするという事なのでしょうか。(^^)あと、人は何かを得ると何かを失い、何かを得ると何かを失うのかなとも思ったり。

 小栗旬はいい表情をしてました。特に「伊崎がやられた!」と聞いた後に見せる表情は◎です。小栗旬は華がありますし、悲惨だったり哀しかったりする場面でも崩れすぎずに安心して見ていられる清々しさがありますね。あまり良い人や普通な人を演じるよりも、少しエッジの利いた役どころの方が合う感じ。あ、あと、男性とつるんでいる方が引き立つ気がするかも。(^^) ちなみに彼の着ていたジャージはdrestrip(ドレストリップ)のジャージらしぃです。印象に残るジャージですね。(笑)

 山田孝之も受けて立っており、こんな役も出来るんだな~。ちょっと顔がチャン・ドンゴンに似ていなくもない。(笑) チンピラヤクザのやべきょうすけや、牧瀬役の高橋努もイイ味だしてました。挿入歌の「リトルリンダ」もよく合っています。
 黒木メイサがそんな野郎共に囲まれて、もっとセクシーな姉御な感じなのかと思いきや、意外な程に清純というか健全なんですよね。。。三池隆史監督は、男同士を描くのは良いのに、若い女性にどうもリアルさがないのは何故なんだろうか。それが監督の理想の女性なんだろか??

 映画を見てホロリとしたりはするものの、正直、見終わった時は「なんのこっちゃ」な思いではあったのですが、見終わって時間が経つと、映画の印象が残っていて、いわゆるとんがった若者を見ても、ほのぼのと親近感を覚える今日この頃。(笑)今まではよく分からなかった彼らが、ちょっと親しみのある存在に思えた映画でした。

|

« ジェフリー・バトル/2007スケートカナダSP(ショートプログラムスコア) | トップページ | CD「アンブレイカブルUNBRAKABLE/バックストリートボーイズ」初回版特典 »

小栗旬/観劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/406823/8852426

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「クローズZERO/クローズゼロ」レビュー:

« ジェフリー・バトル/2007スケートカナダSP(ショートプログラムスコア) | トップページ | CD「アンブレイカブルUNBRAKABLE/バックストリートボーイズ」初回版特典 »