« 舞台「カリギュラ」大阪シアターBRAVA!公演観劇レビュー | トップページ | ロシア産キャビア・ベルーガ »

フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展鑑賞

070929_170000   この展覧会を知ったのは歩いていてたまたま見たディスカウントチケット屋さんに貼られたポスター。「牛乳を注ぐ女」はずっと見たいと思っていた作品だったので、すかさず近寄り期日を見ると、まさに会期真っ最中。このタイミングを逃してなるものかと予定を変更して、その1時間後には国立新美術館にいました。(笑)
 フェルメールは好きで、今までにも何度か美術館へ足を運んでいますが、その中でもこの「牛乳を注ぐ女」は最も心惹かれる作品でした。なかなか来日される気配がなく、オランダまで見に行くしかないかなぁとまで思ったものですが、こんな絶好の機会が舞い込んでくるとは!
070929_160129 国立新美術館は、ガラス張りで開放的な雰囲気が好ましいです。コーヒーカップ状になった所にカフェがあるというのもニクイ作りになってます。黒田紀章さんがデザインした建物だそう。
 「牛乳を注ぐ女」は会場の中ほどにあり、その一角に近づくとまずはビデオで絵が紹介されています。そしてコーナーを曲がると絵が鎮座しており、絵の前を人が一人一人通っていくようになっていました。2列ほどになっており、後列はじっくり見る事が出来るのですが、ここまで来たら最前列(笑)で見たいですっ!
 絵を一目見た時からもぅ感激で胸がじーんとして嬉しさいっぱい。絵ひとつでここまでなれる自分にもビックリしてました。しばらく並んで自分の番が来て、絵の前に立った時はもぅ頭の中は真っ白で絵を見るどころじゃないのです。この感覚は、モリコロアイスショーでジェフリー・バトルの演技を間近で見た時と同じ!あまりのシナプスの興奮に、解析が追いつかない感じなのかな。(笑) もう一度見たくて列に並びなおしたのですが、今度は立ち止まらずに見るように言われます。言われた通り、歩きながら見るのですが、歩きながら見ると、あまりその作品を味わえません!!なんというか、作品の真正面に立った時に感じられるあの言葉にしがたい湧き上がってくる感情というか空気を味わいたいんだよなぁ。。。
 とはいえ、何年も温めていた思いが叶った時の嬉しさというのは、思いのほか強いものだと実感して、これは「時からのプレゼント」なのかなと嬉しく思った出来事でした。

|

« 舞台「カリギュラ」大阪シアターBRAVA!公演観劇レビュー | トップページ | ロシア産キャビア・ベルーガ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/406823/9368909

この記事へのトラックバック一覧です: フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展鑑賞:

« 舞台「カリギュラ」大阪シアターBRAVA!公演観劇レビュー | トップページ | ロシア産キャビア・ベルーガ »