« ドラマ黄暁明版新鹿鼎記(ろくていき)第1~5話レビュー | トップページ | ドラマ黄暁明版新鹿鼎記(ろくていき)第8~11話レビュー »

ドラマ黄暁明版新鹿鼎記(ろくていき)第6~7話レビュー

6  6話でようやく大人の小宝、黄暁明の登場~☆ 康熙帝(钟汉良)も子役からスムーズに移行でき、若き皇帝の風格も感じられます。大人になっても、二人が子供の時と同じように鼻を掴んで争っている辺りは笑えます。辮髪姿はやはしインパクトがありましたが、案外見慣れてくるもの。暁明は帽子がよく似合ってます。
 小宝は馬に乗るのもおぼつかなかったり、今までの金庸武峡ヒーローとは違って情けな~い感じですが、その分、物語も深刻になりすぎず軽妙で、主人公が舌先三寸の才知で切り抜ける辺りが魅力でしょうか。小宝が誰とでも仲良くなれ可愛がられるのは、天性の武器ですね。小宝と康熙帝の仲良しぶりが微笑ましいです。
 大人になった途端、喋るスピードが速くなってるのがトホホ。原作を読んで補った方が良さそうです。(^^;) 小説の第一巻「少年康熙帝」は1~6話まで。

|

« ドラマ黄暁明版新鹿鼎記(ろくていき)第1~5話レビュー | トップページ | ドラマ黄暁明版新鹿鼎記(ろくていき)第8~11話レビュー »

黄暁明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/406823/21121302

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ黄暁明版新鹿鼎記(ろくていき)第6~7話レビュー:

« ドラマ黄暁明版新鹿鼎記(ろくていき)第1~5話レビュー | トップページ | ドラマ黄暁明版新鹿鼎記(ろくていき)第8~11話レビュー »