« ドラマ黄暁明版新鹿鼎記(ろくていき)第23~29話レビュー | トップページ | 「赤壁の戦い」 »

ショートドラマ「晴天日記」レビュー

Sunnyday  ドラマ「鹿鼎記」を楽しく鑑賞している毎日ですが、慣れない外国語字幕もあってか、根をつめて見れないのが玉にキズ。「新上海灘」の時は、結構さくさく進んだんだけどな。。。
 そんな折に、今更ながら「晴天日記」を見る事に。2007年11月6日~2008年1月11日迄、上海の地下鉄で放送されていた1話3分ショートストーリーの全39話。実際にブログとコラボで毎日更新されていたというのも、面白い試みですね。
 現代ドラマなのが新鮮なのと、なんといっても地下鉄放送だけあってか、怒涛のように言葉が繰り出される鹿鼎記ドラマとは異なり、中国語がゆっくりでストーリーも分かりやすっ! 毎回、地下鉄が舞台で、スタバ(上海滨江大道)と携帯がよく映ります。広告も兼ねているのか、冷凍餃子パックが大写しになったりするのもご愛嬌。
 黄暁明は4話で「什么都可以」の歌声と共にちらっと映ります。そして7話からCCという名前のミュージシャンとして登場☆ ギターを弾いて歌っています~♪ 很帅! ハートウォーミングなほのぼのとしたお話が続き、一服の清涼剤のよう~♪
 イマドキな暁明の姿も素敵です☆ ラーメンをすすっている暁明がめちゃ印象的☆ 34話下~35話では「风的孩子」も歌ってます。(^^) 36話で驚いている姿も微笑ましいですし、38話では主題歌「什么都可以」を歌っています。ちなみに、暁明が出演しているのは、4,8,11,13,16,18,(19),20,22,24~26,31,32,33下~39話。

|

« ドラマ黄暁明版新鹿鼎記(ろくていき)第23~29話レビュー | トップページ | 「赤壁の戦い」 »

黄暁明」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/406823/21483768

この記事へのトラックバック一覧です: ショートドラマ「晴天日記」レビュー:

« ドラマ黄暁明版新鹿鼎記(ろくていき)第23~29話レビュー | トップページ | 「赤壁の戦い」 »