« 2008年9月 | トップページ | 2009年4月 »

2008年10月

大漢天子II 18話插曲歌詞

冰山的雪水化了
绿洲的葡萄熟了
草原的好酒来了
尊贵的客人醉了
你是朋友就喝吧
你是敌人就拒绝我吧

 「大漢天子2」の18話の挿入歌で、主父偃の伴奏で雪莲が踊っている歌なのですが、西域情緒にあふれていて印象に残っている歌です。なんせ歌詞も明快で歌いやすいのがイイですね♪ 雪蓮は大宛(フェルガナ:今のウズベキスタン)の王女なので、この辺りの地域を歌った歌なのかな。

 ドラマ「大漢天子」はⅠ~Ⅲまであり、黄暁明が漢の武帝を演じた物語です。世界史に出てきた、衛青や霍去病、司馬遷や李広利も出てきます。武帝という役自体が体制側の権力者な事もあるのか、2ではやたらと怒ってます。(^^;) 役どころとしては、体制に属しておらず、自分の信念や周囲への義理などを貫いて生きていくような人物の方が暁明には似合うと思うのですが、皇帝というオーラもばっちりですし、なんといっても特に「大漢天子2」は、女優さんよりアップが美しいという御姿を見るだけで、目の保養になります♪

| | トラックバック (0)

丹波篠山の黒豆

081016_151144  お正月のお節料理の中でも黒豆が大好き。黒豆枝豆が前から気になっており、10月5日~20日という期間限定のため、なかなか機会に恵まれなかったのですが、今回予定が不意に空いたので行って来ました丹波篠山。気温が高くなるという予報にも関わらず、篠山に近づくにつれ、明らかに気温は下がってひんやりしてきます。

 篠山ではまず「小山の黒豆パン」(3個525円)を買いに行きます。10時半の時点で、なかなかの売れ行き。それから大正ロマン館をのぞき、篠山城跡へ行きました。大書院がある他はこじんまりとした感じ。日差しが結構強いので、帽子を持ってくれば良かったな・・・。

081016_114013  篠山市立歴史美術館では「源氏物語の世界」を催していたので立ち寄ってみました。中に入ると見事にガラ~ン。外では観光客で結構賑わっているのですが、こちらはとても静かでした。「源氏物語絵巻須磨の巻」の薄桃色の衣装を着ている光の君がかわいらしかったですし、鎌倉時代の「源氏物語画帖」もとっても細やかで美しい~♪ この建物は元々裁判所だったので、昔の法廷も公開されており、木造建築な法廷を見るのは初めてなので興味深かったです。出入り口の所にあった、源氏香図を用いた香り遊びも面白い。展示してあった薫物の香りはとても上品で、こんな香りが綺麗な装束からふんわりと漂ってきたら雅ですね。

 「小田垣商店」で丹波の黒さや、大玉丹波黒大豆、煎り豆、しぼり豆をお買い上げしました。商店街の相場は1kg800円のところを、こちらはプラス50円。国道沿いになると700円の表示が出ていました。古市で断ち切りそばを食べて帰途に着きました。
 小山の黒豆パンも丹波の黒さやも、黒豆が大きくぷりぷりしていて激うま♪実りの秋を味わっています♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年4月 »