音楽

Mecano/Hijo de la Luna(月の息子)スペイン語歌詞

 ラジオ中国語講座の前はラジオスペイン語講座でして、そこで流れていたスペイン語の歌にひとめ惚れ!題名を探したところ、Mecano 「Hijo de la Luna」(月の息子)と判明。
 Mecanoは1980年代に活躍したスペインポップグループで現在は解散しているとのコト。この曲はサラ・ブライトマンも歌っていたそうな。そういえばサラは「ラ・ルーナ」というアルバムを出していましたね。サラが歌うと若干甘めな雰囲気。やっぱりMecanoのアナ・トローハの方が月の光のような透明で澄んだ感じがして好きです。ちなみに中国語では【月亮之子】というらしぃ。(^^)

Tonto el que no entienda              
cuenta una leyenda               
Que una hembra gitana             
Conjuro a la luna                
Hasta el amanecer               
Llorando pedia                 
Al llegar el día desposar un calé          

"Tendrás a tu hombre,          
Desde el cielo habló la luna llena.        
"Pero a cambio quiero            
El hijo primero que le engendres a él.    
Que quien su hijo inmola           
Para no estar sola                
Poco le iba a querer."              

Luna quieres ser madre          
Y no encuentras querer     
Que te haga mujer      
Dime, luna de plata,  
Qué pretendes hacer  
Con un niño de piel.    
A-ha-ha, a-ha-ha,
hijo de la luna.    

De padre canela nació un niño 
Blanco como el lomo de un armiño
Con los ojos grises   
En vez de aceituna--Niño albino de luna 
"¡Maldita su estampa! 
Este hijo es de un payo   
Y yo no me lo callo     

Luna quieres ser madre  
Y no encuentras querer  
Que te haga mujer    
Dime, luna de plata,   
Qué pretendes hacer 
Con un niño de piel. 
A-ha-ha, a-ha-ha,
hijo de la luna. 

Gitano al creerse deshonrado,     
Se fue a su mujer cuchillo en mano:     
"De quién es el hijo   
Me has engañao fijo"       
Y de muerte la hirio        
Luego se hizo al monte   
Con el niño en brazos   
Y allí le abandono   

Luna quieres ser madre   
Y no encuentras querer      
Que te haga mujer   
Dime, luna de plata, 
Qué pretendes hacer  
Con un niño de piel.
A-ha-ha, a-ha-ha,
hijo de la luna.   

Y en las noches que haya Luna llena 
Será porque el niño esté de buenas   
Y si el niño llora   
Menguará la Luna   
Para hacerle una cuna   
Y si el niño llora   
Menguará la Luna    
Para hacerle una cuna  

| | トラックバック (0)

「Music Lovers」バックボーイズストリートTV鑑賞レポ

 まずは「Everybody」でダンサブルにスタート。ゲストのマリエとオセロの中島知子が自己紹介を交えてトーク。中島さんは自分を「女優」と紹介されてました。(笑)“明日には帰国”に鳥の鳴き声、ゴルフに「フォァ~」の合いの手を入れるブライアンが面白いです。(^^)
 「I Want It That Way」はサビをファンと合唱。日本女性について、「美の象徴」と答えるニック。子供の頃は忍者になりたかったんだそうな。あとは好きな女性のタイプについて訊ねており、それぞれの答えにメンバーの特徴を感じます。一番モテるタイプはハウイーでメンバーの意見が一致。
 座った状態で「Inconsolable」を熱唱。そして「Helpless When She Smiles」をアカペラで披露してくれました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CD「アンブレイカブルUNBRAKABLE/バックストリートボーイズ」初回版特典

071111_150222  「インコンソーラブル/INCONSOLABLE」を聞いて一目惚れ♪ その勢いでライブにも行くと意気込んでいたのが公演中止で意気消沈。。。アルバム購入も見送ったままになっていたのですが、公演資金が浮いたので、その分、家でライブを味わおうと路線を変更。
 初回生産分には限定3大特典が付いてくるという特典につられてネットで注文しました。
1)スペシャル・パッケージというのは画像下の、三段開きになっているパッケージ。
2)ポスターはパッケージの中に封入されており、画像中央の、A4より少し大きいサイズ。
3)ミニカレンダーに至っては、定期券サイズで“これをカレンダーと言っていいのか?でもカレンダーだし…”というおまけでした。(画像右)(^^;)
あと、ポスターは、ジャケット写真がB2サイズになったもの(画像はなし)。早速クローズZEROポスターから貼り変えました~♪(^^)
 「めざまし土曜日」にバックス(BBS)からのプレゼントとして4人が「メ~ザ~マ~シ~ド~ヨウ~ビ~♪」とハモるだけでうっとり・・・(*^^*) 今週は「Music Lovers」に「スマスマ」とTVで見る機会が多く、要チェックです☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バックストリート・ボーイズ(BSB) 「インコンソーラブル」動画/歌詞

 9月26日発売のバックストリート・ボーイズ(Back Street Boys)のニューシングル「インコンソーラブル(Inconsolable)」。
バックストリート・ボーイズのメンバーが4人になって初めてリリースされる曲だと、めざましTVで紹介され耳にした時からチェックしてました!期間限定ですがヤフー動画で歌を聴く事ができます。サビの部分の切ないメロディが好きです。

I close the door
Like so many times, so many times before
Filmed like a scene on the cutting room floor
I wanna let you walk away tonight without a word

I try to sleep, yeah
But the clock is stuck on thoughts of you and me
A thousand more regrets unraveling
OOoh, if you were here right now,
I swear I'd tell you this

[Chorus:]
Baby I don't wanna waste another day
Keepin it inside, it's killing me
Cause all I ever wanted comes right down to you (to you)
I wish that I could find the words to say
Baby I would tell you, every time you leave
I'm inconsolable

I climb the walls, yeah
I can see the edge,
But I can't take the fall, no
I've memorized the number
So why can't I make the call
Maybe cause I know you'll always be with me
In the possibility

[Chorus]

No, no, no

I don't wanna be like this
I just wanna let you know
That everything I hold in
Is everything I can't let go (oooh, can't let go)

Cause BABAYYYYY

[Chorus]

Don't you know it baby
I don't wanna waste another day
I wish that I could find the words to say
Baby I would tell you, every time you leave
I'm inconsolable

Yeah, yeah, yeah
Oooh, I'm inconsolable
Whoaa yeah
I'm inconsolable

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『Say It's Possible』歌詞&アルバム テラ・ナオミ/Terra Naomi

I see the lights are turning
and I look outside the stars are burning
through this changing time
it could have been anything we want
it's fine salvation was just a passing thought
it was just a passing thought

Don't wait act now
this amazing offer won't last long
it's only a chance to pave the path wer'e on
I know there are more exciting things to talk
about
and in time we'll sort it out
and in time we'll sort it out

And though they say it's possible to me
I don't see how it's probable
I see the course wer'e on
spinning farther from what I know
I'll hold on
tell me that yo won't let go
tell me that you won't let go

And truth is such a funny thing
with all these people
keep on telling me
they know whats best
and what to be frightened of
and all the rest are wrong
they know nothing about us
they know nothing about us

And though they say it's possible to me
I don't see how it's probable
I see the course wer'e on
spinning farther from what I know
I'll hold on
tell me that you won't let go
tell me that you won't let go

I'm not alright
I'm not alright

This could be something beautiful
combine our love into something wonderful
but times are tough I know
and the pull of what we can't give up takes hold

 コチラで『Say It's Possible』『Close To Your Head』『 Flesh For Bones』『I'm Happy』が聞けます。イギリスでは7月12,14日とライブが開催されたようですね。
 今までインディーズでアルバム「Terra Naomi(2002)」,「intro(2003)」,「live & free(2004)」「EP(2004)」,「8 Track(2005)」,「virtually(2006)」を出しており、2007年8月27日にはIsland Recordsから「Under The Influence」をリリースし、メジャーデビューの予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「うたばん」ゲスト徳永英明/歌うとは…

 「うたばん」にゲスト出演していた徳永英明さんが“中居くんは声がイイ”と評し、声を褒められても半信半疑な中居正広くんは、“徳永さんのカバー出してもイイですか?僕が歌うと『壊れかけのラジオ』が『壊れた』になりますけど”と自分でボケる中居くん。(笑)
 徳永さんは“朗読するように歌えばいい”と、そこから歌い方ミニレッスンになるのだけれど、歌うとなると力んで声が裏返る中居くん。長年苦手なものだと、変な所に力が入ってしまうものなのか…物事が上手く出来ないカラクリを見ているような一コマでした。
 一方、そのやり取りを見ていた若槻千夏ちゃんが“自分もカバーしたい”とアピールして歌った所、徳永さんは“歌うというよりあてていたでしょ”とコメント。確かに「あてる」という言葉がピッタリな歌い方だったので、そういう表現もあったのかと妙に納得しちゃいました。この「あてる」歌い方は、アイドル歌手か上手くてもカラオケレベルな気がして、ここから「歌う」になるには、何が必要なのでしょうか。もし中居くんがもっと力を抜いて歌ったら、あざとさがない分、聴かせる歌になりそうな気もしてきました。…「味」が必要なのかなぁ。
 “カラオケ嫌いな人でも徳永さんだったら歌わせてしまうのでは?”と思うような、ほんわかムードのトークでした。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライブ・アース/Live Earth ロンドン・NY公演

 スカパー録画分の「ライブ・アース」を見ました! ロンドン・ニューヨーク公演は有名なアーティスト揃いで見応えがあり、中でもジェネシス『Invisible Touch』やスノー・パトロール『Shut Youe Eyes』、ポリス『Message In A Bottle』は好きです。ジェームス・ブラントはジェフリー・バトルつながりで『High』を歌って欲しかったなぁ。ハイライトでちらっと映り興味をひいたのはテラ・ナオミSay It's Possible』。彼女は2006年YouTube Video Awardsの「Best Music」部門を受賞しているんだそうな。YouTube出身とは時代ですね~。
 マドンナHey You』『Ray of Light』『La Isla Bonita』『Hang Up』やボン・ジョビ『Live On A Player』はやっぱりオーラが違います☆ 特にマドンナは歌って良し、踊って良しでめちゃめちゃカッコ良かったです~♪ いまだなおパワフル&セクシーでマドンナ姐さんっ☆ですね。(笑) 途中、ケビン・ベーコン、レオナルド・ディカプリオ、キャメロン・ディアスの挨拶もありました。
 そんな中、ハンブルグ公演のエンリケ・イグレシアスの『Be With You』を聴いて、妙にラテンの音楽がハマリ血が騒ぎました~!!エンリケは、かの御大フリオ・イグレシアスの息子だったのですね。このメロディがなんともたまりませんゎ。正直、歌は上手いとは思いませんが、華があって観客にもサービス満点です。私は時々無性にラテンな音楽に揺さぶられるんですよねぇ…。季節が夏だからかしら?
 しかし、私の周りでの「ライブ・アース」の知名度は限りなく低く…。ネット配信も良いですが、地上波が頑張らないと、一般の人にはあまり認知されないのかも。久々に洋楽漬けになりワクワクしました♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

竹内まりや「人生の扉」

先日、フジTVとくダネ!で、竹内まりやの6年ぶりのアルバムDenimの中から「人生の扉」が紹介され、優しい歌声と共に流れる
 I say it's fun to be 20
 You say it's great to be 30
 And they say it's lovely to be 40
 But I feel It's nice to be 50
という歌詞にグッときました。年齢を重ねるという重みが、ふわっと軽やかになるチャーミングな歌です。50歳までなのかと思っていたら、2番では90歳まで続いていました。
 I say it's fine to be 60
 You say it's alright to be 70
 And they say it's still good to be 80
 But I'll maybe live over 90
この曲は『協和発酵』のCMソングになっていたのですね。花粉症と春の関連だったとは。(^^;)このサビの部分をCMソングで聞きたかったかな。

| | コメント (0)