中国語/語学

NHK語楽紀行旅するタイ語

Gagaku_tai 韓国ドラマ「宮 Love in Palace」の9話の“タイでの出来事(笑)”を見ていたら、俄かに行きたくなったタイ。水上マーケットとか、街をぶらぶら歩きたくなってきましたし、象にも乗りたいです。まぁ、タイに行ってもシン皇太子なチュ・ジフンはいない訳ですが。(笑)

 あの「コ~クンカ」というふわわ~んとしたタイ語のアクセントが、アジアな湿った熱風の記憶と共に蘇り、ちょこっとタイ語が分かったら、旅も面白いかも♪とワクワク気分でNHK「語楽紀行旅するタイ語」の番組を見たら…む、難しい!!(番組としては、「とっさの中国語」的な感じです)

 タイ語は声調が5つもあるとはっ!なんだか中国語を始めた時の、あの心細~い感じが蘇ってきました。何の手がかりもなく言葉を覚えるというのは、砂の上に文字を書き、波がよせては消えていく思いがします~。(>_<)しかも中国語と違って、タイ文字がさっぱり分からない!!ひとつ分かったのは、女性が丁寧に話す時には語尾に「カ~」を付けるらしく、それでタイ語ではよく「○△□カ~」と話されている印象が強いのですね。

 進歩が感じられない中国語ですが、タイ語よりはまだ分かるようになっているので、やっぱり中国語から地道にやっていこうと思った次第です。番組は、タイ旅行気分を味わうべく見るとします~。(テキストも買っちゃったんですけど、ね)

| | トラックバック (0)

NHK中国語ラジオ講座&入門・初級の勉強法

 季節はすっかり春となり、NHK講座も一新されました。
中国語のラジオ講座は半年が1クールなので、ラジオ講座を聞き始めて4クール目ともなると、気分は4年生。(笑) 大分、入門編は余裕が出てきましたし、放送時間も短くなったので、今回はテキストなしで聞いています。いつまで大丈夫かな~。(^^)

 あれこれテキストに手を出しましたが、結局、入門時の勉強法で一番良いのは、ラジオ講座を徹底的に覚える事ー日本文を見て中国語文が口からこぼれるように言えるーだと思いました。皆さん、そう仰っているんですけれど、初学者だと、ついつい「もっと単語を覚えたい」とか欲を出しちゃうんですよね。私も「中国語常用単語3000」なんぞをちらちら見てましたけど、結局、こういうのが活きてくるのは、1クール分の文法が身についた頃からなので、最初は1クール放映分の単語(それでも1000語位はあると思います)を文章の中できっちり覚える方が身につきます。
 もっとも私のようにすぐにテキストを変えたくなるようなタイプには、
1度目の喜多山幸子先生のラジオ講座を一通り復習したら、
2度目の陳淑梅先生の講座を復習し、
3度目の田口善久先生の講座を復習し…としてみたのは案外、目先が変わって良かったです。さすがに3クール分の講座を聞いていると、中国語入門~初級で自分がどの辺りを学んでいるか分かってきますから。
 喜多山先生は、文法が満遍なくコンパクトに収められていて一番好きです。陳先生は、短いながらも中国語ならではの言い回しが多いのが役立ちますし、田口先生は、語彙が増えた感じかな?
 ラジオを聴いている時には覚えたつもりになっていても、しばらく時間が経ってから見返すと、すっかり忘れている事が多くトホホです。(^^;) なかなか進まないですが、「やらないよりマシ」と言い聞かせて細々と続けています。とりあえず、ネットの記事や字幕でそこそこ分かる程度にはなりたいのですが、分からない単語ばかり…。(^^;)
 今は1年前放送の、楊達/劉頴先生の「中国語deジム」を始めています。来年には、刈間文俊先生の「陳凱歌の世界」が分かる位になっていたいものです♪

| | コメント (2) | トラックバック (1)

NHKTV中国語会話/映画「女帝」

 NHKTV中国語会話・映画のワンシーンで、「女帝」の章子怡(チャン・ツイィー)と馮小剛(フォン・シャオガン)監督のインタビューが紹介されました。注目している映画なので、中国語会話でインタビューがあるとは嬉しくてワクワク♪

 章子怡は、役を理解する為に本来の自分から離れて役の世界に入っていたと話し、監督は、映画の核心は章子怡の役で、他は彼女との間に生まれた様々な人間関係と言っていました。宮廷の様々な人間模様がメインと思っていたので、それほど章子怡の役が核心とは思っていなかったのですが…。タイトルが「夜宴」から「女帝」になった日本向けのコメントなのかしら?

 章子怡は映画になると線が細くなるイメージがあるのですが、インタビューでは貫禄たっぷり。この調子で演じれば、女帝らしい雰囲気が出てイイのになぁ。強い役をする時には、もっと現代に近い話の方が合っているのかもしれません。

| | コメント (0)

外国語学習

 TV「グレートティーチャー」の中で、ドラゴン桜英語講師のモデルとなった竹岡広信さんが
「ずっと生徒を見張っていなきゃいけないのは嫌なんです」
「教わって分かる事はそれほどない」
「(勉強しろと言わなければいけないような大人でない)子供はいらない」
「自分でやろうとする事が大事」
と話すのを見て、最近、中国語を学ぶのにもっと違う方法(教材・教室)があるんじゃないだろーか、同じような仲間が見つかればイイんじゃないか等々、自分のやる気を刺激するような何か他の存在をつらつら考えていたのですが、結局自分で見つけて外国語を使い続けていくしかないのだと、改めて思いました。

 教師というのは、生徒に「案外私もやれば出来るんじゃないか」というきっかけを与える存在であって、学ぼうと取り組むのは生徒自身なのですね。

| | コメント (2)

ココログ(ブログ)で中国語を表記する方法

ココログには、中国語が表記できるテンプレートとそうでないのがあり、今、私が使っているカピバラさんテンプは、中国語入力ははじき飛ばされていました。テンプレートを変えれば入力できるようになるのですが、そのままで簡体字を表記するには2つの方法があるようです。

1)ココログ入力画面のHTMLに、<span lang="zh", class="zhcn">表示したい中国語</span> を入れる。
2)Wordで中国語をSimSunで入力しておいて、そのまま文章をココログの入力画面にペーストする。

1)の使い心地・・・簡体字がとても綺麗。タグを打ち込まないといけないので、中国語のみの文にはお勧め。
2)の使い心地・・・WordはSimSunで簡体字を表示するため、簡体字の大きさにバラツキが出ます。日本語と中国語の併記が多い文章には便利。

1)の実際例  为了我们的友谊,干杯!
2)の実際例  为了我们的友谊,干杯!

簡体字がブログで表記されると嬉しいものですね♪ (^^)v 今の所、タイトル&コメントでは入力できないのですが、もう少し中国語が上達したら考える事にします~。

| | コメント (4)

日本ダービーで牝馬ウォッカが勝利!!

日本ダービーで64年ぶりの牝馬制覇。

2位に3馬身つけての勝利で、見ていてスカッとしました~♪

中国語で

赛马 sai4ma3競馬

打比 da3bi3da4sai4 ダービー

英国种马 サラブレッド ying1guo2chan3 liang2zhong3ma3

军骑师 guan4jun1qi2shi1 優勝ジョッキー

练马师 lian4ma3shi1調教師

草地 芝 cao3di4

泥地 ダート ni2di4

香港競馬で走る時は、馬名は2~4文字の漢字にも変換されるそうな。

| | コメント (0)

中国語でF1/モナコGP予選

F1はモナコGPが開催されました。F1の中でも華やかなモナコGPが来ると、「1年経ったンだなぁ」と実感する特別なレースです。

中国語で、
  世界 shi4jie4 ワールド
  一 yi4ji2 F1の1
  方程式 fang1cheng2shi4 フォーミュラー
  锦标赛 jin3biao1sai4 スポーツの選手権大会
  大奖赛 da4jiang3sai4 グランプリ
  摩 mo2na4ge モナコ
  排位 pai2wei4sai4 予選
  决 jue2sai4  決勝
となります。(ゼイゼイ)
ここまで書くだけで時間を費やしてしまいました。。。

予選はライコネンが珍しくドライバーミスで予選2回目でノックアウト。
アロンソは余裕のポールでマクラーレンがフロントローを独占。マッサが3位、フィジケラが4位にくいこんでいます。

| | コメント (0)

小テスト xiǎo cè yàn

 受講している講座で、听写の小テスト(小测验)がありました。簡単な文なので、聞き取りはOKでしたが、簡体字がネックとなり。。。簡体字を日本の漢字で書いてしまった部分がXだったのはともかく、崩して書いた字までXだったのにはガ~ン☆ 日本の小学生でもこんな漢字知ってるんですってば~老師~。こんな事なら書道のような気持ちで丁寧に書くんだった。。。
 こういう減点は妙に悔しいです。物事を頑張る要因として、誉められて励むという場合もあるでしょうが、悔しさをバネに一層学習に励むという事もあるようですね。(^^;)
 私の書いた簡体字は、書道で直されるように「ハネ」の部分が赤で付け加えられていいました。。。結構「ハネ」があるんですね。日本の漢字の「ハネ」ですら省略して書いていて怪しいというのに。。。聞き取りの文章に数字が入ると途端に頭がフリーズ(死机)してました。

| | コメント (0)

NHKゴガグル/中国語会話予習復習サイト

 NHK語学講座の語学マスターサークル・ゴガグルというのがあったので、早速、登録してみましたが、中国語は、ホームページでTV「中国語会話」を予習復習できるサイト(このサイトは登録がなくても利用可能)位しか利用できないので、あまり登録する意味はなかったかも。。。
 今年から始まったこの予習復習サイトは、ネットで中国語入門を学べます。発音から、はじめの孫悟空、ビジネスマン高原健の単語等を音声で学べるので便利です♪ ラジオ講座で、応用編についていきにくかったのですが、これで毎日単語を聞いていれば、少し楽になるかな??

| | コメント (0)

中国語・NHKテレビ講座

 テレビでは、お馴染の「中国語会話」と共に、今年からは「とっさの中国語」という5分間の番組で放映されています。今年の「中国語会話」は、日本人学習者が女性とお子様の二人になり、やたらと子供向けでコマギレな構成になってしまったのですが、そんな中、案外、振付体操は単語を覚えるのに役立ってます。テンポ良く何度も単語を繰り返すのが良いのでしょうね。「北京バイオリン」の紹介は・・・ですが。。。
 「とっさの中国語」は短い番組ならがも、旅行等で覚えて便利な表現がコンパクトに紹介されているのが良いです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧